脂性肌を効果的にケアする方法をお教えします!

投稿日:

おでこや鼻など顔の中心パーツが皮脂で光ってしまう脂性肌は、ニキビや毛穴の黒ずみ・化粧崩れなど多くのトラブルが起きやすいのが悩みです。

脂性肌を効果的にケアするには、スキンケアの基本を守りながら、肌質にあったアイテム選びをすることが重要になってきます。

 

化粧水は保湿効果の高いものを選ぼう

脂性肌の嫌な特徴の一つに、皮脂による肌のべたつきが挙げられます。

そのため皮脂を取り除くスキンケアに意識が向かいがちですが、しっかりと水分を補うことが大切です。

何故なら保湿が足りていないと肌の水分と皮脂のバランスが崩れてしまい、必要以上に皮脂が目立つ状態になるからです。

さらに肌の水分が足りずに乾燥肌がひどくなると、肌のバリア機能が低下します。

これをカバーするために皮脂の生成量が増えるため、脂性肌が促進されるので注意が必要です。

保湿効果の高い化粧水はヒアルロン酸セラミド・コラーゲンなどの保湿成分が配合されていることに加え、分子が小さく加工されているナノ化されたものを選ぶのがおすすめです。

そうすることで、肌の奥深くにまで保湿成分を浸透させることが期待できます。

 

ビタミンC誘導体配合の乳液がおすすめ

脂性肌の人の中にはスキンケアに乳液や保湿クリームなど、油分の多いスキンケアアイテムを使用しない方がいますが、それには注意が必要です。

何故なら乳液や保湿クリームには、肌の水分を逃がさないためにフタをする役割があるからです。

そのため乳液などのスキンケアアイテムを使わないでいると肌の乾燥が促進され、それをカバーするために皮脂が過剰に分泌される可能性が高くなります。

脂性肌の人が乳液や保湿クリームを使うときは、使用量を少なめにするようにしましょう。

皮脂が多く分泌されるTゾーンを避け、目元や口元・頬など肌が乾燥しやすい部分にピンポイントで使用するのもおすすめです。

これに加えて、皮脂の過剰分泌を抑える効果のあるビタミンC誘導体配合のアイテムを利用するのもコツになります。

 

収れん化粧水はアルコールの少ないものを

収れん化粧水は肌を引き締める効果があると同時に、皮脂の分泌やべたつきを抑える作用があるので、脂性肌の人がぜひ活用したいアイテムです。

しかし収れん化粧水にはアルコールが配合されているものが多く、皮膚が弱い人が利用するとかゆみや乾燥を強く感じやすいのが悩みです。

これをカバーするには、アルコールの少ないものを選ぶことがポイントです。

アルコールフリータイプの収れん化粧水もあるので、購入前にパッケージをチェックするように心がけましょう。

さらに収れん化粧水はスキンケアの最後に使用し、皮脂の分泌が多いTゾーンにピンポイント使いすることも大切です。

 

まとめ

脂性肌のスキンケアは皮脂を取り除くものというイメージがありますが、肌に水分を補って皮脂とのバランスを整えることが大切です。

さらに水分の蒸発を防ぐためにも、皮脂をすべて取り除くのではなく、量を減らすように意識してみましょう。

Copyright© 【画像付】美肌菌4000億個!スズキハーブ研究所の乳酸菌ローションを口コミレビュー , 2019 All Rights Reserved.