角栓が詰まってしまった!正しいケアの仕方は?

投稿日:

鼻の周りの黒ずみや口周りや頬周りの角栓が気になりついつい取ってしまう方は多いと思います。

しかし実はそれ、かなりなら危険行為かもしれません。

正しいケアを理解して角栓のない綺麗なお肌を目指しましょう。

角栓が詰まってしまうのはなぜ?

そもそもなぜ角栓が詰まってしまうのでしょうか。

これは、毛穴に汚れがつまり、上手く外に排泄されないためにどんどん溜まっていってしまうことで起こります。

汗や皮脂が毛穴にたまり、正しくクレンジングや洗顔ができていないことからどんどん汚れが蓄積されてしまうことがほとんどです。

角栓を放置しているとやがてニキビにもなり、放置された角栓が空気に触れると酸化して黒くなります。

これがいわゆる小鼻の黒ずみです。

特に女性は毎日のようにメイクをすると思います。

肌にファンデーションやお粉などを塗っているため毛穴にはメイク汚れが入り込んでいます。

メイクにどれほどの時間をかけるでしょうか。

そしてクレンジングにはどれほど時間をかけているでしょうか。

本来であれば、メイクにかけた時間と同じ時間をかけてメイクを落とすべきなのです。

しかしクレンジング剤をクルクルとなじませてパパっと終わりにしてしまっていませんか?角栓が溜まるのを防ぐにはまず基本的なクレンジングから見直していきましょう。

特に拭き取りタイプのシートクレンジングは肌の表面の汚れしか拭き取ることができないため、毛穴に詰まった汚れまで落とすことはできません。

シートタイプをお使いの方はクリームタイプやオイルタイプに変えてみてください。

それだけではお肌は格段に綺麗になります。

詰まった角栓を取るのはNG!

ついつい詰まっている角栓を取り出したくなってしまいますね。

しかしそれはとても危険です。

角栓が見えるほどの肌は、毛穴が角栓に押されてとても開いてしまっている状態になります。

例えばその角栓を毛穴パックをつかってとったとしましょう。

ぽろっと取れたら角栓の毛穴は大きく広がったままになってしまいます。

そのためまた新しい汚れが入りやすく、無理矢理角栓を取ることによって毛穴がさらに広がってしまいます。

そうすることで角栓はとれても広がった毛穴は元に戻らず、年齢と共に肌は下垂し、それと同時に開いた毛穴も下垂するため毛穴の開きがとても目立ってきてしまいます。

長い時間をかけて溜まってしまった角栓は同じだけの時間をかけて取っていけるのが一番良いのです。

正しいケア方法は?

上記にも述べた通り、まずはクレンジングと洗顔を徹底して行いましょう。

これは全ての基本です。

クレンジングとは隅々まで円を描くようにクルクルと洗い、洗顔は泡をもこもこにたてて肌に触れるか触れないかというところで優しくクルクルと洗います。

そしてその後は冷水で引き締めましょう。

さらに化粧水、乳液をつけます。

化粧水は、ハマメリスエキス、キューカンバーエキスなど引き締め効果の強い成分が配合されている化粧水を選びましょう。

汚れを落とした後はしっかりと毛穴を引き締めることがとても重要になってきます。

さらに乳液もしっかりとつけましょう。

ベタベタしてさらに角栓が詰まりそうと考える方がいますが、乳液はとても大切です。

角栓を落とすためにはまずお肌を柔らかくしなければいけません。

硬い肌に埋まった角栓はなかなか取ることができませんが柔らかいお肌に詰まっている角栓は肌が柔らかければ柔らかいほどケアしやすいです。

乳液はお肌を柔らかくしてくれるため、しっかりと使っていきましょう。

まとめ

どうでしたか?無理矢理に角栓を取るとさらに悪化させてしまう危険があります。

焦らず、日々のケアを徹底していくことで詰まった角栓へ確実にアプローチをしていきましょう。

そして肌を柔らかく、引き締めるていうことも非常に大切です。

角栓のない綺麗なお肌をつくるためにも、まず角栓ケアしやすい土台をつくってあげることが大切なのです。

Copyright© 【画像付】美肌菌4000億個!スズキハーブ研究所の乳酸菌ローションを口コミレビュー , 2019 All Rights Reserved.